視力回復

目が良くなる事を諦めていませんか?

あなたは目が悪くなってしまった事を諦めていませんか?私は小学生の頃に目が悪くなってしまってから諦めてメガネをつけ、大人になってからはコンタクトをしていました。そしてさらにと目が悪くなり、牛乳瓶の底のように分厚いレンズになってしまいました。

コンタクトには危険がいっぱい!

メガネを止めてからというもの10年以上ずっとコンタクト。最初はソフトのコンタクトを使用していましたが、目の細胞によくないということでハードレンズに変更しました。角膜内皮細胞がコンタクトを着用して5年ほどで10%以上がなくなってしまいました。

一度なくなってしまうと二度と再生できないのが角膜内皮細胞の特徴で減ると視力がさらに低下し、一定の数を下回ると失明してしまいます。ちなみにコンタクトによる目の障害は年間100万件以上になっていることも覚えておいてください。それぐらい危険なんです。

それならレーシックをすればいいの?!

最近ではコンタクトをやめてレーシックにする人もどんどんと増えてきています。あなたも知っていると思いますが、レーシックは手術です。つまり手術には絶対という保障もなく、失敗する確率も十分にあります。ちょっと前には何十人とレーシックの失敗によって目の病気にかかってしまった事件がありましたよね。。

命にかかわる大病の場合でも手術には誰もが慎重になるのに、なぜかレーシックは絶対に失敗しないから大丈夫というイメージで手術を受ける人が沢山います。多分、ネットなどの過大広告で失敗はないから大丈夫と書かれているのを信じてしまい、安易に手術を受けているのでしょう。

失明などの失敗はあまり実際にはありませんが、一番多いのがドライアイになってしまって1時間おきに専用目薬をささないと目が開いていられなくなってしまう人は結構な数実在しています。なのでコンタクト以上にレーシックは慎重に行ってください。

ちなみに私はコンタクトはしていましたが怖くてレーシックはできなかった派です。今ではレーシックをやらなくてよかったと心から思っています。

視力回復は一度目が悪くなったら諦めるしかないの?

一度目が悪くなってしまったら諦めるしかない…あなたもそう思っていることでしょう。私も一度目が悪くなってからは視力が回復することなんて一度も考えたことがありません。だって回復するならメガネやコンタクト、レーシックなんて存在するわけがないのですから。

なぜ目は悪くなるのか?

目が悪くなる一番の原因は目のレンズ部分の厚みを調整している筋肉がうまく機能しなくなることが原因です。一日の内にあなたがずっと近くばかりを見る生活をしているとほとんど目の筋肉は使われません。つまりレンズの厚さを調整する部分が駄目になってしまうため、近くばかりを見て生活している人は遠くが見えなくなります。

ほとんどの人がパソコン・読書・漫画・テレビ・携帯などで近くのものばかりを見て生活をしています。その為、筋肉が固まってしまい、遠くが見れなくなります。

視力を回復することは可能か?

結論からいいますと視力回復は可能です。つまり今まで近くばかり見ていた生活を改善して、レンズを調整する筋肉を鍛えればいいわけです。ですが実際に今の生活を改善して遠くばかりをみようと意識しても三日坊主で終わってしまうのが関の山です。

毎日腹筋をしなければ・・・と思っていてもずっと続けられないのと同じです。それならやっぱり諦めるしかないの!?って思ったあなた。筋トレといっても加圧トレーニングのような短時間で爆発的に筋肉を鍛える方法があるのを知っていますか?それと同じ原理で毎日ではなく、一定期間の割合で目の筋肉を鍛える方法を使うと視力がどんどん回復していきます。

なぜ眼科やメガネ屋が視力回復方法を言わないのか?

これはとっても簡単な理由です。眼科は目の病気を治す場所であり、視力の悪化は病気ではないからです。メガネ屋も同じです。目の悪い人に対して役に立つようにメガネを作るわけです。そして視力を回復させる人もちゃんと実在します。それが↓の先生です。

私はメガネ→コンタクトを経験した後、視力回復トレーニングをやってみて一番自分に合うなと思ったので続けました。その結果今は1.5の視力にまで回復しました。メガネ・コンタクト・レーシック以外の視力回復方法をお探しのあなたなら一度試してみるとこれからの長い未来をすっごく楽しく過ごせますよ!

メガネ・コンタクト・レーシックを続けるとものすごい金額にもなりますからね汗

この視力回復法で眼鏡・コンタクトとさようなら!

視力回復トレーニング 【1日10分で視力が回復】

失敗のリスクもあって30万円もするレーシックと比べても非常に安心安全に視力回復ができてしまいます。多数の視力回復の本を出している先生なので知っている人も多いと思いますが超実践型の今回の方法は本当に簡単に視力が回復していきますよ!

⇒詳細はコチラから

視力回復に関する最新記事

このページの先頭へ